ここから本文です

警察官が新1年生の登校を見守り 今年は小学生重傷の交通事故も 香川

4/12(金) 16:38配信

KSB瀬戸内海放送

 新1年生の登校中の安全を確保しようと、高松市で警察官が見守り活動を行いました。

 香川大学付属高松小学校の正門近くでは、警察官3人が児童を見守りました。10日に入学したばかりの新1年生たちは、上級生に手をひかれて登校しました。

 高松北警察署は、新1年生の登校にあわせて12日の朝、管内23の小学校の近くに約40人の警察官を配置しました。

 今年、香川県では10日までに小学生がけがをした交通事故が12件発生していて、このうち1人が重傷でした。

(高松北警察署生活安全課/稲田桂之 生活安全専門官)
「新しい環境になって、気が焦って、つい運転が荒くなってしまうことがあるので、交通マナー、ルールをしっかり守っていただきたい」

最終更新:4/12(金) 17:09
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事