ここから本文です

高校生の目の前でスタントマンが事故を再現 自転車に乗るときの危険性学ぶ 高松市

4/12(金) 20:46配信

KSB瀬戸内海放送

 高松市の高校で交通安全教室が開かれ、生徒たちが自転車に乗るときの危険性を学びました。

(記者)
「大きな衝撃音とともに、人が飛ばされてしまいました。私も改めて事故の恐ろしさを実感しました」

 高松桜井高校で開かれた交通安全教室では、プロのスタントマンが生徒、約840人の前で、自転車の2人乗りやトラックの巻き込み事故などを再現しました。

 香川県警によると去年、県内では高校生の自転車事故が141件発生しました。このうち、自動車と衝突したケースが127件と最も多いということです。

(生徒はー)
「私も学校に来るときに急いでいたら、周りが見えにくいなと思っていて、余裕がない中の事故が、自分に一番近いなと思いました」
「一つ一つ左右を確認して、被害者にも加害者にもならないように、安全に心掛けていきたいと思います」

最終更新:4/12(金) 20:46
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事