ここから本文です

エクレアが主役の新ブランド、神戸・三宮に誕生

4/12(金) 8:00配信

Lmaga.jp

「山のエクレア」、「海のエクレア」・・・と海と山に囲まれた神戸らしいネーミングの商品が並ぶ洋菓子店「BISPOCKE(ビスポッケ)」が、神戸・三宮で4月13日にオープンする。

【写真】手土産向けの商品

「ビスポッケ」は、神戸を中心に展開するスイーツ店「コンディトライ神戸」などを運営する「寿香寿庵(ことぶきこうじゅあん」(本社:兵庫県西宮市)の新ブランド。「大人になっても、お菓子を食べるときぐらい無邪気で自由な気持ちに」という思いを込めてオープンするという。

「山のエクレア」は卵の風味を活かしたカスタードクリームをサンドし、木の実をトッピング(378円)。「海のエクレア」は波打つように、砂糖なしの生クリームをしぼって、ふわふわのビスケット生地でサンド(432円)。どちらも、ベルギー産チョコレートがアクセントとなっている。

また、手土産にしやすい焼き菓子もそろい、サクサク食感のシュー生地にフランス産のチョコをかけたビスケット感覚の「風のエクレア」(6個入1296円)や「塩キャラメルサンドビスケット」(9枚入918円)なども販売。営業は10時から18時まで。

最終更新:4/12(金) 8:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事