ここから本文です

フォーニエが自身2度目のプレーオフに自信、ラプターズはラウリーのプレーがカギ

4/12(金) 18:23配信

バスケットボールキング

「僕らはうまく対応できるさ」とフォーニエ、今季ラプターズとの戦績は2勝2敗

 4月14日(現地時間13日)に幕を開けるNBAプレーオフ2019。この日は4試合が組まれているのだが、2012年以来初のプレーオフを控えるオーランド・マジックのエバン・フォーニエが自信をのぞかせていたので紹介したい。

 12日(同11日)に現地メディア『The Athletic』へ掲載された記事の中で、フォーニエはこう語っていた。

「僕らはどのチームとも戦うことができるんだと分かってる。本当さ。僕らは今季、いくつか重要な勝利を手にしてきたからね。今の僕らが7ゲームシリーズで48分間を一貫して戦うことができるかって? 僕らならうまく対応できると思うよ。あとは僕らが実際にそれをコート上で見せなきゃいけないだけさ」。

 マジックは今季、ラプターズ戦で2勝2敗。イースタン・カンファレンスのプレーオフ出場チームとの戦績も13勝12敗と勝ち越している。シーズン成績で見ていくと、ラプターズ(58勝24敗)に対してマジックは42勝40敗と開きがあるものの、オールスター後に限って見れば、ラプターズ(17勝8敗)とマジック(16勝8敗)はそん色ない戦績を残している。

 そのため、両チームの差は決して大きくは開いていないのかもしれない。

 もっとも、プレーオフ経験を見てみると、マジックはラプターズに遠く及ばない。フォーニエやニコラ・ブーチェビッチは2度目で、主力を見ても豊富なプレーオフ経験を有している選手は皆無に等しい。

豊富なオプションを手にしたラプターズ、指揮官はラウリーのリードに期待

 一方のラプターズは、2014年にサンアントニオ・スパーズで優勝した経験を持つカワイ・レナードとダニー・グリーン、メンフィス・グリズリーズで数多くのプレーオフをプレーしてきたマルク・ガソルがおり、カイル・ラウリーやサージ・イバカなど百戦錬磨とはいかないまでも、経験豊富な選手を数多く擁している。

 そんなラプターズでカギを握るのは、リーダーのラウリーだ。12日(同11日)に行われたプレーオフの記者会見で、ニック・ナースHCはラウリーについて「彼はタフにプレーし、このチームをリードしていくはずだ。それが彼そのものだからね。現有戦力で彼が闘争心をむき出しにしてプレーできれば、4得点だろうと34得点だろうと、チームは勝利することができるだろう」とコメントしている。

 今季はここ6シーズンで最少の平均14.2得点に終わったラウリーだが、アシスト数(平均8.7本)でキャリアベストを残しており、3月4日(同3日)のデトロイト・ピストンズ戦ではシーズンハイの35得点を奪っており、爆発力は健在だ。ラウリーは言う。

「僕からすれば、もしチームが僕にスコアリングを求めてきたら、得点して見せるさ。そういう夜もあるだろうからね。それはあくまでチームのため。(プレーオフでは)すべてのことが異なってくるんだ。アップダウンすることもあるだろう。僕らはそれを理解しているよ」。

 今季のラプターズは、デマー・デローザン(現サンアントニオ・スパーズ)こそいないものの、レナードとガソルという起点になることができる選手がおり、アウトサイドにはグリーンというベテランシューターや急成長中のパスカル・シアカム、ベテランのイバカなど豊富な得点オプションがあるため、昨季までよりも手ごわい印象が強い。

 シリーズ初戦で先手を打ち、勝利を飾るのはどちらのチームなのか。とても楽しみなカードと言っていいだろう。

BASKETBALL KING

最終更新:4/12(金) 18:23
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事