ここから本文です

ヤクルト単独首位浮上、DeNAドラ3大貫がプロ初勝利 …11日セ・リーグは?

4/12(金) 7:30配信

Full-Count

広島は投壊で泥沼の4連敗、最下位のまま

 セ・リーグは11日、各地で2試合が行われヤクルトが昨季の王者・広島に3連勝を飾り単独首位に浮上した。DeNAはドラフト3位ルーキー・大貫がプロ初勝利を挙げた。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 ヤクルトは敵地マツダスタジアムで行われた広島戦に6-2で勝利。同一カード3連勝、3カード連続の勝ち越しで単独首位に浮上した。先発の寺原が5回2/3、5安打2失点の粘投で移籍後初勝利。打線は初回にバレンティンの先制打などで2点を奪うと、2回には4連続四球も絡み一挙4点を奪いリードを広げた。広島は先発の岡田が2回途中、6四球の大乱調が誤算だった。

 DeNAは敵地・甲子園での阪神戦を5-2で勝利し2カード連続勝ち越しを決めた。2回に伊藤の右前適時打などで2点を先制すると1点リードの6回には神里の2号3ランでリードを広げた。先発のドラ3ルーキー大貫は5回5安打1失点でプロ初勝利。阪神は4番大山に待望の一発が飛び出したが、打線がつながらなかった。

Full-Count編集部

最終更新:4/12(金) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 10:00

あなたにおすすめの記事