ここから本文です

西武外崎、右手小指が外側に曲がるも…テーピング固定、気迫でプレー続行

4/12(金) 21:00配信

Full-Count

右手の小指を薬指と合わせてテーピングで固定、球場ざわめく

■西武 – オリックス(12日・メットライフ)

 西武・外崎修汰内野手が12日のオリックス戦(メットライフ)で右手小指を負傷しながら、気迫でプレーを続けている。

【写真】おかわり君と挨拶代わりの抱擁…早速チームに溶け込む内海哲也

 両チーム無得点で迎えた7回、2番手の吉田一将からストレートの四球で出塁した外崎。昨季25盗塁を記録している俊足の外崎を警戒した相手バッテリーから執拗に一塁に牽制球を送られると、手から帰塁した際にベースに右手が激しく衝突。右手小指が外側に大きく曲がってしまった。外崎は治療のために一時ベンチに戻ったが、すぐにプレーに復帰した。

 その後セカンドの守備につく際には、右手の小指を薬指と合わせてテーピングで固定。利き手である右手の指を3本しか使えない状態の外崎がグラウンドに姿を現すと、球場がざわついた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:4/12(金) 21:00
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/19(金) 19:30

あなたにおすすめの記事