ここから本文です

「県民満足する司法を」 深沢・山形地・家裁所長が着任

4/13(土) 7:55配信

産経新聞

 山形地、家裁所長に1日付で着任した深沢茂之(ふかさわしげゆき)氏(61)が12日、記者会見を開き、「県民に満足してもらえる司法サービスを提供することが裁判所の使命。県民の信頼に答えていきたい」と所感を述べた。

 新潟市出身。専修大法学部を卒業し、昭和63年に名古屋地裁判事補となり、東京高裁判事、横浜地裁部総括判事などを歴任。山形での勤務は2回目といい、「第2の故郷に帰ってきたよう。山形市が中核市として発展しているのを感じる」と述べた。

 5月でスタートから10年を迎える裁判員制度については、「定着してきており、制度を含め、裁判への理解を深め、裁判員になるハードルは高くはない、ということを感じてもらいたい」と強調した。

最終更新:4/16(火) 23:12
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事