ここから本文です

中丸雄一、父親がジャニーズ受けて落ちていた…事務所で初の両親登場にびっくり 結婚願望も告白

4/13(土) 12:04配信

スポーツ報知

 KAT-TUNの中丸雄一(35)が12日放送のTBS系トークバラエティー「A-Studio」(金曜・後11時15分)に出演し、両親の思い出などを語った。

【写真】ゲストの山Pを絶賛した鶴瓶

 「父親が、もう信じられないくらい厳しかったですね。警察署に務めてましてまして、去年ぐらいにリタイアしたんですけど…」と話し始めると、司会の笑福亭鶴瓶(67)が“事前取材”のため両親に会っている写真を見せられ「ええ~?」とびっくり。鶴瓶は「やんちゃで怖そうな人。ええ人やで」と対面したときの感想を述べた。「ジャニーズって、両親、(テレビに)出ます?」と驚いたままの中丸に、鶴瓶は「ジャニーズで初めてです。そりゃ中丸やからやで」と続けた。

 さらに、父親が昔、ジャニーズ事務所のオーディションを受け、落ちていたことも“取材”した鶴瓶が暴露。中丸は「(父親が)中学生くらいのときにバンド仲間が『応募しようぜ』って言って、それで行った。その話を数年前に聞きました」と説明した。

 父親は厳しく「すぐゲンコツ来ますから。長男だったんで、半分見せつけで、よくゴンって(たたかれた)」「小学生のころから、女の子にはやさしくしろよ、清潔にしとけよ、と耳元でずーっと言われました」と振り返り、母親についても「金銭感覚を特に言われましたね。人間は急にお金をもって勘違いして…。ある程度、蓄えがないと(いけない)」などと教えられたことを打ち明けた。

 両親は学校の同級生で、若いころに結婚したため、自分も「(早く)結婚したいですね。高校生のころには20代前半で結婚したいと思っていたし、20代になってみれば30代のうちには…と思いながら今に至ってます」と中丸。鶴瓶の暴露話はこのあとも続き、中学2年のころの初デートで女子と映画「タイタニック」を観に行ったとき、中丸が手を握ろうとして相手にびっくりされ「ウソウソウッソ」と言ってごまかしたところ、しばらくの間、中丸が「ウソウソウッソン」というあだ名で呼ばれるようになった、という細かいエピソードまで紹介された。

 ちなみに、中丸がジャニーズに入ったきっかけは「中学3年のとき、ジャニーズ大好きの同級生の女の子が応募してくれた」ことだったという。

最終更新:4/13(土) 12:51
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事