ここから本文です

タイで水掛け祭り始まる=戴冠式控えイベント中止

4/13(土) 15:42配信

時事通信

 【バンコク時事】タイ正月の伝統行事で、水掛け祭りと呼ばれるソンクラーンが13日、3日間の日程で始まった。

 バンコクの寺では参拝者が僧侶や仏像に清めの水を掛け、新年を祝った。

 ソンクラーンは相手構わず水を掛け合うのが恒例。僧侶への水掛けが終わると、境内には待ちかねたようにずぶぬれになって水鉄砲で撃ち合う子供たちの歓声が響いた。

 今年は5月4~6日にワチラロンコン国王の戴冠式を控えているため、外国人旅行者が多いカオサン通りなどでは雰囲気を盛り上げる大規模なイベントは見送られた。 

最終更新:4/17(水) 7:54
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ