ここから本文です

荒井「万全の準備できた」=14日に日本選手権50キロ競歩

4/13(土) 18:45配信

時事通信

 陸上の世界選手権(9月開幕、ドーハ)代表選考会を兼ねる日本選手権50キロ競歩を翌日に控えた13日、有力選手が石川県輪島市内で記者会見した。2016年リオデジャネイロ五輪男子銅メダルの荒井広宙(富士通)は「万全の準備ができた。代表権を獲得できるように精いっぱい戦う」と意気込みを語った。

 男子50キロの世界選手権代表は既に野田明宏、勝木隼人(ともに自衛隊)が決定しており、残り1枠。17年世界選手権銅メダルの小林快(新潟アルビレックス)は「ここで結果を出すことができれば、世界でも通用する」と気持ちを高ぶらせた。

 男子20キロで世界記録を持つ鈴木雄介、リオ五輪代表の松永大介(ともに富士通)も出場する。 

最終更新:4/13(土) 20:43
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ