ここから本文です

親日家のエリック・クラプトン「戻ってこられてうれしい」3年ぶり来日公演開幕

4/13(土) 21:35配信

サンケイスポーツ

 英国出身の世界的ギタリスト、エリック・クラプトン(74)が13日、東京・北の丸公園の日本武道館で3年ぶり22回目の来日公演(5公演)をスタートさせた。

 アンコールでは親交のある米シンガー・ソングライター、ジョン・メイヤー(41)が飛び入り参加。クラプトンは「友だちです」と紹介し、代表曲「コカイン」をセッションし、約1万人の観衆を喜ばせた。

 1974年10月の初来日から45年の節目となった武道館公演は、通算92回目になり、最終日の20日までを合わせると通算96回に。今回を含めた来日公演の総動員数は180万人となり、洋楽アーティストとしては2位のカナダ出身の歌手、ブライアン・アダムス(59)の24回を大きく引き離し、武道館公演数歴代1位記録を更新する。

 親日家としても知られるクラプトンは「戻ってこられてうれしい」とニッコリ。ヒット曲「レイラ」「ティアーズ・イン・ヘブン」など15曲をギターの弾き語りで披露。来日公演はこの日を皮切りに15、17、18、20日と5公演で計約5万人の動員を予定している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事