ここから本文です

飛行機ファンが目指す「死の谷」とは 聖地「デスバレー」の行きかたと撮影ポイント

4/13(土) 6:02配信

乗りものニュース

世界中の飛行機ファンが集う灼熱の荒野

 アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるデスバレー国立公園。モハベ砂漠の北に位置する乾燥した土地で、1913(大正2)年には世界最高気温 摂氏56.7度を記録した場所です。年間降水量は50mm程度で、非常に硬い大地は水がほとんど浸透せず、まとまった雨が降った際には鉄砲水を含む洪水被害が発生する場所でもあります。

【動画】デスバレー名物、眼下に眺めるアメリカ軍機の低空飛行

 このデスバレーの一角に、「ファーザー・クロウリー・オーバールック(Father Crowley Overlook)」と呼ばれる場所があります。通称では「レインボーキャニオン」や「スターウォーズキャニオン」などと呼ばれていますが、この場所こそが、世界中の飛行機ファンを引き付ける戦闘機撮影ポイントなのです。

 このデスバレーはアメリカ軍の訓練空域と重なっています。そのため、近隣のエドワーズ空軍基地などから訓練のために飛び立った戦闘機などが、途中にあるこの谷に立ち寄る時に、間近を通過していく姿を見ることができるというわけです。

 この撮影ポイントへは、ロサンゼルスから車で約3時間、ラスベガスからは約4時間の距離です。その途中にもいくつかの小さな町がありますが、行程のほとんどはひたすら何もない荒野です。

 それでは、デスバレーに行って撮影するにはどういったプランが良いのか。具体例を挙げながらいくつかご紹介しましょう。

プラン1、強行日帰り行程

「デスバレーで撮影したい! だけど時間があまりない」という人は、強行日程ではありますが、日帰りコースをご案内します。

 デスバレーに近いもっとも大きな街はロサンゼルスです。ここからレンタカーを借りて出発したとします。北に伸びるルート5を北上すると、ロサンゼルスの外れで14号線とぶつかります。ここから北東に向けて進路を取ります。その後、395号線、178号線を経て北上を続けると東西に走る190号線に到着します。そこはすでにデスバレー国立公園内で、ここの190号線を西に向かうと山を登り始め、やがて前述の撮影ポイント「ファーザー・クロウリー・オーバールック」に到着します。ここまで約3時間です。アメリカ軍の訓練の内容にもよりますが、昼前から谷を通る戦闘機などの姿を見ることができるので、できれば夜明け前にロサンゼルスを出発したほうが良いでしょう。

 日によっては、昼前から昼過ぎまでに3から5機くらいが谷を通過していきますが、これも訓練内容によって変化するため、せっかく行ったのに1機も飛んでこないこともあれば、1時間に数機が飛んでくる場合もあるそうです。

 日帰りコースでの注意事項は「せっかく来たから」と長居することです。実は、このデスバレー周辺の道路に街灯はありません。車の交通量も少ないのですが、それゆえに事故を起こしてしまった場合、携帯の電波も通じない暗闇に包まれた砂漠のど真んなかで、まったく身動きが取れなくなる可能性があります。そのため日帰りコースの場合には、15時前には帰路についたほうが良いでしょう。日が沈むと、身の危険を感じるほど暗くなる場所でもあるのです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事