ここから本文です

10連休 保育所どうする? 出勤の保護者 子の預け先 困った 対応まちまち 開所も日数限定的

4/13(土) 6:01配信

上毛新聞

 皇太子さまの新天皇即位に伴う10連休(4月27日~5月6日)で、日曜祝日は原則休みである保育所の対応が群馬県内の地域や施設によって分かれている。富岡市では保育需要を調査したものの、保育士の確保が困難として受け入れを断念。一方、高崎、館林両市などは公立保育所が日数を限定して開所する方針を決めた。連休中に出勤する保護者には預け先に困る人もいて、困惑や不満の声が上がる。

◎国は補助措置講じるも「お金の問題ではない」

 「職場でも『預け先がない』と話題になっている」と話すのはサービス業の女性(31)=吉岡町。長男(3)が通う保育園は10連休の予定。夫婦が共に仕事の日は埼玉県に住む両親に預けるという。「私のように不定休で働いている親はたくさんいる。日にち限定でも開所してほしかった」と漏らす。

 富岡市内の保育園や認定こども園でつくる市保育部会は、市の要請でニーズ調査を実施した。例年なら平日である4月30日~5月2日の3日間の開所を検討したものの、要望が殺到したため受け入れは不可能と判断した。

 茂木幹彦部会長は「保育士はただでさえ休みが取れておらず、要望に見合う配置は困難」と説明する。ただ、「どうしても預け先がない」という世帯に限り、独自に受け入れを検討している園もある。

 政府は10連休中に開所する施設に対し、補助を加算する限定措置を打ち出したが、人手不足に悩む現場には「お金の問題ではない」との不満が強い。子ども2人を同市のこども園に通わせているという母親(36)は「今までにない長期の休みでみんな不安や戸惑いがあるのに、行政の力で解消しようという気持ちが感じられない」と憤る。

 高崎市は、公立保育所21カ所のうち3カ所が4月30日~5月2日、他園の子どもを含めて受け入れる。同市のある私立こども園は、自園の子どもに限って預かる予定だが、園長は「けがなどの緊急事態が起きたとき、通常どおり対応できるか心配はある」と明かす。館林市と邑楽郡5町では一部保育所が4月30日~5月2日などに可能な限り開所する。

 ほかにも、同様の日数限定の開所を検討している自治体もある。玉村町のように、私立保育園が町内全域の子どもを引き受ける地域もある。

 自治体によっては、事前に申し込めば指定の園に預けられる「休日保育」の制度があるが、定員は限られている。10連休中も休日保育に対応する前橋市内の保育園は「定員は約10人で、ゴールデンウイークは例年ほぼ満員。今年はさらに需要が多いのではないか」とした。

最終更新:4/13(土) 6:01
上毛新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事