ここから本文です

【バレー】久光製薬が2連覇。新リーグ初代女王に。MVPにフォルケ・アキンラデウォ(久光製薬)、最優秀新人賞に関菜々巳(東レ)

4/13(土) 22:20配信

バレーボールマガジン

 V.LEAGUE DIVISION1 女子は13日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都)で優勝決定戦第2戦を行い、久光製薬スプリングスと東レアローズが対戦した。
 6日の第1戦で久光製薬が先勝しているため、2勝すれば優勝が決定だったが、後がない東レがヤナ・クランらの活躍によりフルセットで競り勝ち、1勝1敗に。そのため、試合終了から15分後に勝者を決める1セット制のゴールデンセットが行われた。
 ゴールデンセットは再び久光製薬のペースとなり、野本梨佳のアタックや岩坂名奈のブロックなどでリードを保ち、25-18で勝利。久光製薬が2連覇を果たし、新リーグ初代女王となった。
 
 13日に発表された個人賞は、以下の通り(その他はレギュラーラウンド終了時に発表済み)。

優勝監督賞:酒井新悟(久光製薬) 2年連続2回目
最高殊勲選手賞:アキンラデウォ,フォルケ(久光製薬) 初受賞
敢闘賞:クラン,ヤナ(東レ) 初受賞
レシーブ賞:新鍋理沙(久光製薬) 2年ぶり5回目
ベスト6:新鍋理沙(久光製薬) 4年ぶり3回目
     クラン,ヤナ(東レ) 初受賞
     ミハイロヴィッチ,ブランキツァ(JT) 2年連続2回目
    アキンラデウォ,フォルケ(久光製薬) 2年連続2回目
     シニアード,ジャック(デンソー) 初受賞
     関菜々巳(東レ) 初受賞
ベストリベロ賞:小幡真子(JT) 2年連続2回目
最優秀新人賞:関菜々巳(東レ)
優秀GM賞:萱嶋章(久光製薬) 6年ぶり2回目
松平康隆賞:酒井新悟(久光製薬) 2年連続2回目

V1リーグ女子最終順位

優勝:久光製薬スプリングス
準優勝:東レアローズ
3位:JTマーヴェラス
4位:トヨタ車体クインシーズ
5位:デンソーエアリービーズ
6位:NECレッドロケッツ
7位:埼玉上尾メディックス
8位:日立リヴァーレ
9位:岡山シーガルズ
10位:KUROBEアクアフェアリーズ
11位:PFUブルーキャッツ

最終更新:4/13(土) 22:37
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事