ここから本文です

<馬場ふみか>小島藤子と女の子同士で引かれ合う役 野島伸司脚本第3弾「百合だのかんだの」制作決定

4/14(日) 7:00配信

まんたんウェブ

 女優の馬場ふみかさんと小島藤子さんが出演し、野島伸司さんが脚本を手がけるフジテレビの動画配信サービス「FOD」のオリジナル連続ドラマ「百合だのかんだの」が制作されることが14日、明らかになった。5月24日から配信を開始する。

【写真特集】女の子同士で引かれ合い… 密着、衝撃のキスシーンも!

 FODの野島作品はドラマ「パパ活」「彼氏をローンで買いました」に続く第3弾となる。「百合だのかんだの」は、偶然再会した女の子2人が、友情や親友という言葉だけではくくれない関係に発展し、やがてお互いを思い合う、女の子同士の献身的な姿を描いた作品。

 物語は、大学生の篠原百合(馬場さん)がストーカーに悩まされているところから始まる。自宅の郵便ポストに使用済みのティッシュが入っているなど、嫌がらせが続いていたため百合は引っ越しを決める。不動産会社で新しい物件を紹介してもらっていると、案内してくれていた女性社員・二宮海里(小島藤子)から「百合ちゃん」と呼びかけられ小学校の同級生だと告げられる。百合も当時ジュニアアイドルだった海里のことを思い出し、お互い手を合わせハグするなど、女性特有のコミュニケーションで再会を喜ぶが、海里の言葉やハグの長さなどその動作の節々に再会の喜び以上のものを感じ、百合は少し違和感を覚える……という展開。

 主人公の百合を演じる馬場さんは、ファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルとして活躍。映画「パズル」(2014年)で女優デビューすると、16年には「黒い暴動」で映画初主演、フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」(17年)にレギュラー出演するなど話題作に数々出演。18年10月にはドラマ「深夜のダメ恋図鑑」でドラマ初主演を果たすなど着実に実力をつけてきた。そんな表現力が買われ、今作では女性に少しずつ引かれていってしまう大学生という難しい役どころに挑戦している。

 親友の海里役の小島さんは、子役から芸能活動をスタートさせ、ドラマ「明日の光をつかめ」第2シリーズ(11年、東海テレビ/フジテレビ系)で初主演。「馬の骨」(18年)で映画初主演を務めるなど、女優として培ってきた演技で美しく妖艶だが、どこか陰がある海里を演じる。

1/3ページ

最終更新:4/14(日) 19:03
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事