ここから本文です

<中間速報>ハーフ「30」のT・フィナウが単独トップ ウッズは3打差追走

4/14(日) 5:43配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<マスターズ 3日目◇13日◇オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

全盛期の姿を取り戻したウッズのスイングを連続写真で解析!

海外男子メジャー「マスターズ」は3日目の競技が進行中。現在、全選手がハーフターンを向け、ムービングデーも終盤に差しかかっている。

現在単独トップに立つのはトニー・フィナウ(米国)。前半「30」をマークするなど、15ホールを消化し8つスコアを伸ばす活躍ぶり。トータル11アンダーと好ラウンドを続けている。1打差には、昨年の「全英オープン」王者のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)のほか、ウェブ・シンプソン、ザンダー・シャウフェレ(ともに米国)がつけている。

3打差で追走するのが、タイガー・ウッズ(米国)。11ホールを消化し3バーディ・1ボギーと2つ伸ばしている。同スコアに、昨季メジャー2勝のブルックス・ケプカ(米国)、リッキー・ファウラー(米国)もつけている。

日本勢3人はすでにホールアウト。松山英樹は8バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「68」でトータル3アンダーまで伸ばし3日目の競技を終えた。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)も、4つ伸ばしトータル1アンダーまで上がってきた。小平智は「73」と落としトータル2オーバーで最終日に向かう。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/14(日) 5:43
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事