ここから本文です

自宅の家族と会話できるネットワークカメラ「Arlo Q」:Xperia周辺機器

4/14(日) 10:00配信

アスキー

監視カメラは設定がめんどうだと思われがち。しかし「Arlo Q」はQRコードを読み込むだけの簡単設定で、動体検知の自動録画に加えて自宅にいる家族との会話も楽しめます。

【もっと写真を見る】

クラウドへの自動録画に加えて家族と会話もできる
ホームネットワークカメラ「Arlo Q」
 外出時に気になることと言えば自宅の様子です。そんなときに便利なアイテムが、Xperiaからいつでもチェックできるホームネットワークカメラ。今回は屋内用で音声通話もできる、ネットギアジャパンの「Arlo Q」(アーロキュー)を使ってみました。
 
 Arlo Qは、自宅内で電源を確保して使う屋内専用タイプのネットワークカメラです。もしも屋外に設置したい場合は、防水性能などを備えるた屋外対応の製品を選ぶ必要があります。
 
 Arlo Qは台座の上にカメラが載ったカタチで、全体的にホワイトカラーで落ち着いた雰囲気のデザイン。設置方法は平らなところに置くか、土台にはマグネットがあるので冷蔵庫などにもかんたんにピタっとくっつけられます。壁掛け用のプレートやネジも付属しているので、比較的カンタンに壁に直接取り付けることもできます。
 
 ただし、別途電源は確保する必要があるため、付属のUSBケーブルが届く範囲にカメラを設置するよう注意しましょう。
 
 ネットワーク接続は、自宅にあるWi-Fiルーターと接続します。どうしても有線LAN接続したい場合は、有線LAN1本で電源とネットワーク両方の接続ができるPoE(Power over Ethernet)接続に対応した「Arlo Q Plus」をチョイスしたほうが良さそうです。
 
 また、カメラは固定した状態からフレキシブルに角度を変えられる自由度がありますが、外部コントロールで向きを変える機能はありません。
 
初期セットアップはQRコード利用でカンタン
スマホアプリからいつでも映像を確認できる
 初期セットアップはとてもカンタンです。Xperiaに専用の「Arlo」アプリをインストールし、ウィザードに従ってWi-Fiのパスワードを入力し、Arlo Q本体の横にある「Sync」ボタンを1~2秒押すとアプリに表示される、QRコードをカメラの前にかざすだけ。すると、自宅のWi-Fiルーターに接続してセットアップが完了。これだけの作業で、すぐに使えるようになります。
 
 Xperiaでアプリを開くと、いつでもどこでもArlo Qの広視野角130度カメラから映し出される映像を確認できます。カメラ解像度は1080pで、解像度は1080p/720p/480p/360p/240pに変更できるほか、明るさの調整、画像の180度回転といった設定も可能です。また、850nm赤外線LEDを備えているため、夜間の暗い部屋もきちんと視認可能。場所も時間も問わずいつでも監視できます。
 
設定を変えられる自動録画機能がとても便利
動作検知対象も最大3ヵ所まで指定できる
 そして、とても便利なのは自動録画機能です。動きや音を検知するとすぐに録画を開始する「警戒モード」や、曜日や時間帯を設定して録画する「スケジュールモード」、自宅にいる時や離れたときなど、居場所で動作モードを切り替えられる「ジオフェンスモード」など、シチュエーションに合わせて録画でき、かなり便利です。
 
 試しに検知する「警戒モード」を使ってみましたが、検知の精度を設定で細かく設定できるのも便利です。
 
 動作検知は映る範囲の全体検知だけでなく、例えば窓だけとかドアノブだけなど、画面の範囲の中から対象を指定できます。最大で3ヵ所まで指定でき、ピンポイントに怪しい動きがあったときだけ録画することもできます。
 
 音声検知の感度も調整可能で、検知した際にビデオを録画するか、スナップショットを撮影するかといった設定もできます。プッシュ通知やアラートメールをXperiaで受け取ることもできるので、すぐに自宅の異変に気づくことができます。
 
 録画時間ついては15~120秒の範囲で設定でき、動作イベントが終了するまで録画するような設定も可能。まさに、かゆいところに手の届く機能といった感覚です。
 
録画映像はクラウド上に保存
カメラ5台、1GBまで7日保存なら無料
 録画映像はカメラ本体ではなく、クラウド上に保存されます。カメラ本体内に録画データを残す場合では、カメラそのものを盗難されてしまうと元も子もありません。しかし、録画データをクラウド上に保存していると、万が一の事態が発生しても録画データを後から確認できます。
 
 ただし、クラウドの録画容量は無限ではなく、いくつかのプランが用意されています。カメラ5台、1GBの容量まで7日間保存できる無料プランが「Basicプラン」です。
 
 カメラの台数がもっと増えたり保存期間をもっと長くしたい、クラウドの保存容量を増やしたいといった場合には、別途有償プラン(Elite、Premierプランなど)に加入する必要があります。このあたりは規模と必要性に応じてといったところですが、一般家庭なら無料プランのままでも十分でしょう。
 
 また、Arlo Qにはカメラに加えてマイクとスピーカーを内蔵しており、離れたところからでもXperiaを使ってお互いに会話もできます。例えば、学校から家に帰ってきた子どもと話をしたり、やり忘れていた用事を誰かに頼んだり、ペットに声をかけたり、簡易的にビデオ通話できたりと、とても便利に活用できます。
 
 監視カメラというと高価だったり、設置も設定も大変だと考えていましたが、これなら導入もラクラクです。Arlo Qは自宅の様子を外出先からXperiaでいつでも確認したり、そのまま会話もできたりと、今までの監視カメラに抱いていたもどかしさを解消してくれるオススメアイテムです。
 
 【Works with Alexa】 Arlo ネットワークカメラ 屋内用 音声通話 無料クラウド どこからでも見れる Arlo Q VMC3040-100JPSアーロ(Arlo)
 
 【Works with Alexa】 Arlo ネットワークカメラ 屋内用 音声通話 無料クラウド SDカード保存 PoE受電 どこからでも見れる Arlo QPlus VMC3040S-100JPSアーロ(Arlo)
 
 
文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

最終更新:4/17(水) 15:05
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事