ここから本文です

【皐月賞の見どころ】好メンバーとなった牡馬クラシック第1弾 近2年は大波乱となったが今年の結末は…

4/14(日) 9:00配信

netkeiba.com

 2019年の牡馬クラシックが開幕。近2年は大波乱と言ってもいい結末となったが、今年は果たして。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】サートゥルナーリアこれまでの軌跡

■4/14(日) 皐月賞(3歳・牡牝・GI・中山芝2000m)

 サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は日米オークス馬シーザリオの仔で、デビューから無傷の3連勝でホープフルSを制覇。その3戦全てがノーステッキの楽勝という底知れない素質の持ち主だ。今回は休み明けがカギとなるが、3冠馬ディープインパクト以来の無敗制覇なるか。鞍上は先週の桜花賞を制したC.ルメール騎手。

 アドマイヤマーズ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は朝日杯FSを無傷の4連勝で制して、昨年の最優秀2歳牡馬に選出された。今年初戦の共同通信杯で初黒星(2着)を喫したが、これは逃げる形になって目標にされた分だろう。本番での巻き返しを期待したい。

 ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清厩舎)は共同通信杯でアドマイヤマーズを撃破。無傷の3連勝で重賞制覇を飾り、クラシックに名乗りを上げた。その後も順調に調整されており、コース替わりも問題ない。ここでも上位争いは必至だろう。

 その他、若葉Sを制したヴェロックス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)、ホープフルSで2着のアドマイヤジャスタ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)と2頭のジャスタウェイ産駒、3連勝ですみれSを制したサトノルークス(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)、スプリングS2着から臨むファンタジスト(牡3、栗東・梅田智之厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:4/14(日) 9:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事