ここから本文です

68歳・由美かおる“滑り込み初体験”平成最後にCD発売&インストアライブ

4/14(日) 5:59配信

デイリースポーツ

 女優・歌手の由美かおる(68)が13日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店で、3月27日に発売したアルバム「Jewel Box」の発売を記念して、自身初のインストアライブを開催した。オリジナル楽曲のリリースは37年ぶりで、ライブそのものも約40年ぶり。CDでの楽曲発売も含め、2週間あまりで終了する「平成」での“滑り込み初体験”を満喫した。

【写真】由美かおるの美貌の出発点はここ!驚がくのクルリンパっ

 芸能生活50年を超えた“アラセブ”の由美が、改元直前に駆け込みで「初めて尽くし」のライブを行った。

 今作は、1982年の33枚目のシングル「夢淡きタンゴ」以来、37年ぶりとなるオリジナル楽曲。関係者によると、インストアイベントは初で、ライブ自体も「もしかしたら40年以上ぶり」。当時はレコードで発売していたため、オリジナル作品のCD発売も初めてだ。由美は「CDって、コンパクトでいいですね」と“新鮮”な感想を口にした。

 国民的人気時代劇「水戸黄門」シリーズでは、入浴シーンでも人気を博した存在。今作のジャケットの裏表紙は、スタッフのアイデアで、洋風のバスタブにつかっている様子のシルエット画像を使用している。

 デビュー以降、体形や体重はほぼ変わっていないというアンチエイジングの権化。「昔の衣装は、そのままちゃんと入ります」とニッコリ。若さと美を保つ秘けつとして「ストレスをためない、何かあっても、いいようにとらえて前向きに生きる」と語った。

 さらに「夢を持って、何かに向かってチャレンジする。同じようなことをやっていても、その瞬間はその時しかないから」とハツラツとした表情。現在の目標を、歌手としてのNHK紅白歌合戦出場に定め、「夢は大きく持ちたいですからね」と笑った。

 この日はギリギリまで深いスリットが入った、ピンクのドレス姿で登場し、自慢の美脚を惜しげもなく見せつけた。約150人のファンを前に、新曲「スパドゥパランデブー」など5曲を披露。「緊張しました。皆さんの顔も見えたので、恥ずかしくなっちゃった」と照れ笑いしつつ、「原点に戻ったという感じ。これからも音楽活動をしていきたい」と宣言した。

最終更新:4/14(日) 7:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事