ここから本文です

菊地絵理香は猛追及ばず「ここぞというところで弱いので…」

4/14(日) 17:57配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇スタジオアリス女子オープン最終日(14日)◇花屋敷GCよかわコース(兵庫県)◇6316yd(パー72)

頑張って10位タイ

最終組の4組前、首位と5打差の12位から出た菊地絵理香が6バーディ、ノーボギーの「66」をマーク。リーダーボードを駆け上がり、通算8アンダーとし、1打差の2位で終えた。今季ベストスコアに「ナイスプレーでしたけどね。いいショットが多かったし、チャンスにつけていただけに悔しいですね」と唇をかんだ。

「ボールの先のターフがしっかり取れている感じだった」とショットがさえ、雨で柔らかくなったフェアウェイにマッチした。1番でバーディ発進すると、前半だけで4つ伸ばした。後半14番までさらに2つのバーディを重ねて一時は首位に並んだ。2016年以来の大会2勝目がちらついたが、16番(パー5)で1.5m、17番(パー4)で1mのバーディパットを外すと猛追は途絶えた。「17番がもったいなかった。ラインはカップ1個右」と読んだがボールは右を抜けた。

「やはり最後はパッティングが大事だなという感じですね」。今オフに試行錯誤し、開幕戦から「普通の握りじゃ動かないから」と、右手の甲を上にして握るクローグリップに変更した。しかし、正念場での痛恨のミスに「ここぞというところで弱いのでわたし」と悔やんだ。

それでも30歳のベテランは、「きょうバーディいっぱいとれたし、そういうイメージをもってやれれば少しずつまたよくなるかな」と前を向きクラブハウスを後にした。(兵庫県三木市/柴田雄平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事