ここから本文です

マスターズでいちばん曲げない男 金谷拓実のゴルフが日本のジュニアに夢を与える【記者の目】

4/14(日) 13:03配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<マスターズ 3日目◇13日◇オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

アジア最強アマ 金谷拓実のドライバースイング【動画】

「ジャパニーズ。Hidekiと同じ大学でアマチュアの20歳。アジア地区の予選を勝ったんだよ」。金谷拓実の取材でプレーを見ていると、何度も聞かれるこの言葉。外国人の観客やメディアも気になる存在になったのは、3日目の前半を5バーディ・1ボギーで折り返し、一気に注目を集めたからだ。

14時過ぎのスタートだったタイガー・ウッズ(米国)も、ホールアウト後のインタビューで「早い時間の選手を見ていたら。アマチュアが4アンダー、5アンダーで回っていた」と金谷のスコアで、この日はスコアが伸びることを察知していた。

2番、3番で連続バーディを奪った金谷。目の肥えたギャラリーからの“Keep on going Kanaya!”の声援とともに、「68」をマーク。4人が残ったアマチュア勢のなかで、もちろんこの日のベストスコア。アマチュアの頂点も見えてきた。

距離の長いコースを意識して体重を増やし、飛距離もアップ。「平均飛距離は290ヤードくらいまで伸びた」という金谷だが、それでも外国勢の大男たちには到底かなわない。この3日間、5番と15番で計測されたティショットの飛距離は、初日と3日目が291ヤード、2日目は289ヤード。全体平均よりは劣るが、驚くべきはその正確性だ。

3日間通してのフェアウェイキープ率は88.10%で堂々の1位。3日間で5回しかフェアウェイを外していないことになる。飛距離が出ない選手は正確性で勝負、といった当たり前の感想を述べるつもりはない。フェアウェイを捉えた上で、マスターズ出場が決まってから磨きをかけた長い番手のショットを武器に、3日間合計でバーディを12コ奪っている。

「曲げずに攻める」はスコアを出すには当たり前だが、それができるからこそ、3日間トータルでアンダーというゴルフも可能。練習ラウンド2日間をともにしたマーク・リーシュマン(オーストラリア)も「ショット力が光るね。正確だし、常に真ん中に打っている感じ。飛んで曲げるよりはTakumiのほうがいい。体についてはHidekiも最初そうだったように、まだまだ細いけど、これからいくらでも大きくなる。将来、プレジデンツカップの世界選抜になる力はあると思う」と、絶賛した。

金谷自身は、3日目の目標スコアを6アンダー「66」に設定。後半は自らのミスで流れを切ってしまったが、それでも4アンダーのラウンドは立派というしかない。ただし、それは外から見ている人間の感想で、金谷自身が納得するはずもない。初日から言っている、「上位で戦いたい」という強い意志。さらには、結果を出すためのプランと実行力があれば、小兵の日本勢でも世界と渡り合えることを証明している。

夢舞台でのラウンドもあすが最後。嵐予報で、天気が荒れることが予想されるが、そんななかだからこそ、何が起こるかわからない。あす結果を残せば、日本のプロをはじめ、ジュニアゴルファーにも夢を与えることになる。世界の壁をぶち破る可能性を秘めた金谷。ローアマ獲得などといわず、来年の出場権を手にする12位以内をぜひとも狙ってほしい。(文・高桑均)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/14(日) 13:03
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事