ここから本文です

【勝負の分かれ目 皐月賞】100%ではないのにこの強さ。サートゥルナーリア、無敗のダービー制覇へ視界良好

4/14(日) 20:00配信

netkeiba.com

 平成最後の皐月賞は、上位3頭による壮絶な叩き合いのすえ決着した。

 ランスオブプラーナとダディーズマインドが引っ張る流れは、前半1000m通過が59秒1という、速くもなく遅くもない、平均ペースになった。

 昨年の2歳王者アドマイヤマーズは好位の内、その外に川田将雅のヴェロックスがつけている。クリストフ・ルメールが乗る1番人気のサートゥルナーリアは、そこから2馬身ほど後ろの中団の外で折り合っていた。

 3、4コーナー中間、ラスト400m手前でヴェロックスが外から動いて前をかわしにかかった。遅れまいとサートゥルナーリアがつづく。

 ヴェロックスが一気に先頭に立って直線へ。

 その外にサートゥルナーリアが馬体を併せる。

 ラスト200m地点、馬場の真ん中で2頭が併せて叩き合う。その内で進路を見つけたダノンキングリーが猛然と追い上げてくる。

 最初は川田の右ステッキを受けたヴェロックスがやや外に行き、サートゥルナーリアに急接近する形になった。その後、ルメールの左鞭を受けたサートゥルナーリアが内に刺さり、ヴェロックスを弾き飛ばすような格好になった。

「馬がスタンドを見た。物見した」とルメール。審議になったのだが、裁決を待つ間も特に不安にはならなかったようだ。

 被害馬の川田も「スムーズな競馬ができた。全力を出し切ってくれた。強い勝ち馬を相手によくやってくれた」と、審議に関しては言及しなかった。

 サートゥルナーリアが先頭でフィニッシュ。

 頭差の2着がヴェロックス、ハナ差の3着がダノンキングリー。そこから2馬身離された4着がアドマイヤマーズだった。

 レース前から自信があったとルメールは言う。

「今日は休み明けだったので100パーセントではなかった。だから、最後は馬が疲れてしまった。けど、ゴールまで頑張ってくれた。もうちょっと楽に勝てると思っていた。今日はいい経験になった。ダービーではトップコンディションで、もっと強い競馬ができると思います」

 管理する角居勝彦調教師は、レース間隔をあけた最大の理由を問われると「目標をダービーに設定し、その前に中山への輸送が2度あると負担が大きくなるから」と答えた。

 もちろん今回も「本番」だったのだが、さらに状態アップが見込めるダービーへの視界が大きくひらけた一戦となった。

(文:島田明宏)

最終更新:4/14(日) 20:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事