ここから本文です

張本勲氏「どうだ参ったか!」 「生涯トリプルスリー」を自慢

4/14(日) 9:49配信

デイリースポーツ

 今月9日のDeNA戦で史上69人目、セ・リーグの捕手としては初めてのサイクル安打を達成した阪神の梅野隆太郎捕手(27)に、野球解説者の張本勲氏(78)が14日、TBS系の生番組「サンデーモーニング」で「あっぱれ」を出した。

 張本氏は「あっぱれでしょう!」と、文句なしの認定。その理由を「なぜかいうたらね、キャッチャーがやるのはなかなか難しい。だいたいキャッチャーは足が遅いから。それと、長打がないとダメだからね」と説明した。

 張本氏自身も1961年5月7日にサイクル安打を達成しており、「当然、記録の時は必ずいますから」とすまし顔。

 さらに「もうちょっと自慢してやろうか?」と言い出すと、「私は生涯トリプルスリーを持ってるから」と、サイクルから話が移行。「これはアメリカ偉そうにしてたって、1人しかいないからね。日本に1人しか。3割、500ホームラン、300盗塁。私とウィリー・メイズしかいないから」と自慢すると、「どうだ参ったか!」と笑っていた。

最終更新:4/14(日) 10:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事