ここから本文です

川内優輝、レッドソックス本拠地で初始球式「ノーバンだけを心がけた」

4/14(日) 17:29配信

スポーツ報知

 15日のボストン・マラソンに出場する前年覇者のプロランナー・川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損害保険=が、13日(日本時間14日)に米大リーグ・レッドソックスの本拠地・フェンウェイパークで行われたオリオールズ戦で人生初の始球式を行った。

【写真】川内の会見にサプライズ登場した婚約者の水口侑子さん

 イベント後に自身のツイッターを更新した川内は、松坂大輔(38)=中日=がレッドソックス時代に付けていた背番号「18」に「YUKI」と名前の入ったオリジナルユニホームを用意してもらい、「もしもワンバウンドしてしまった場合には観客からブーイングが起きるよとプレッシャーをかけられていたので緊張しましたが、ストライクを狙ったりせずにノーバンだけを心がけて、無事上手くいったのでホッとしました」と大役を振り返った。

 また、プレゼントされた記念球や始球式の様子を投稿し「ボストンマラソンで勝つと、その翌年は本当に様々なイベントがあるのだと実感できました」とつづった。

 1日にプロに転向した川内は、このレースがプロ初戦。前回王者としてレースに臨む。

最終更新:4/14(日) 17:54
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事