ここから本文です

FC東京3発、アジア王者下し無敗守る サッカーJ1

4/14(日) 22:41配信

産経新聞

 試合開始から30分もたたないうちに鹿島のゴールネットを3度も揺らした。前半5分、小川の左クロスを頭で合わせたのがFC東京の永井。「みんなこの試合に向け気持ちが入っていた」。J1通算50ゴール目でチームに勢いをもたらした。

 同点を狙って前掛かりになる鹿島の裏を狙った。16分には久保建を起点にした速攻からディエゴオリベイラが決め、2点目。29分には「プラン通りというか、それ以上」と自賛する久保のパスからのカウンター攻撃で3点目を挙げリードを広げた。

 攻守の入れ替わった後半は厳しく相手に寄せて自由を奪う守備で、1失点こそしたが、勝ち切った。「選手は危ない場面で体を張ってくれた」と長谷川監督がたたえた。

 アジア王者に完勝しただけでなく、今季ホームでは4戦全勝と強さを誇る。それでも満足はない。主将の東が「もっとよくなれる」と話せば、森重は「まだなにも成し遂げていない」。前半戦で優勝争いをしながら失速した昨季の過ちは繰り返さない。(五十嵐一)

最終更新:4/14(日) 22:41
産経新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事