ここから本文です

インド・アムリツァル大虐殺から100年、英からの謝罪はまだなし

4/14(日) 8:55配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月14日 AFP】英国の植民地時代に起こった最も残虐な事件の一つであるアムリツァル(Amritsar)大虐殺から100年を迎えたインドで13日、英国のドミニク・アスクイス(Dominic Asquith)インド駐在高等弁務官が記念碑に花輪を手向けた。この事件について、英国はインドにまだ公式に謝罪していない。

 インドで「ジャリヤーンワーラー・バーグ(Jallianwala Bagh)大虐殺」として知られるこの事件は、1919年4月13日午後、英軍がインド北部のアムリツァルで多数の丸腰の市民に発砲したというもの。この事件を境に、英国の植民地支配への抵抗が強まっていくこととなった。

 正確な死傷者は不明で、英国の植民地時代の記録では約400人だが、インド側は1000人近くとみている。しかし、100年たった今でも、英国は公式の謝罪を行っていない。

 アスクイス高等弁務官はこの日、弾痕が残るジャリヤーンワーラー庭園を訪問し、前例に倣って記念碑に花輪を手向けた。

 英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)も1997年に現地で花輪を手向けたが、このときは失言で知られる夫のフィリップ殿下(Prince Philip)がインドは死者数を「大幅にごまかして上乗せしている」とたびたび発言したことの方が大々的に報じられた。(c)AFPBB News

最終更新:4/23(火) 9:26
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事