ここから本文です

バレー新Vリーグ初代女王は久光製薬 個ではなくチーム「全員で勝ち取った優勝」

4/14(日) 12:30配信

THE PAGE

個で戦っているわけではない、チーム力でも優っている

 久光製薬スプリングスは「個」「個で戦うチーム」。エースや「4番打者」が多くいて日本代表選手も多い。個の力が優れているから勝てる。そんな声があった。

 確かに個は優れている。それはその通りだが、「久光は個で戦っているわけではない」「チーム力」でも優っている。それを証明したい。キャプテンの岩坂やメンバーにはその思いがずっとある。

 本当の意味で「久光というチーム」を完成させる。揺らぎないチャンピオンのチームになる。そのためにまず、前中田久美監督(現・日本代表監督)が意識を変えた。「全員が戦力」の思いを徹底した。

 「一人ひとりが自分のやるべきこと、役割をしっかりやる」「視野を広く、次の人のことを考えたプレーをする」「人を活かし、人に活かされていることを知る」

 コートで戦う選手もコート外、登録外の選手もスタッフも、当たり前のことを当たり前にやる。誰が出ても戦力が落ちない。総力戦。みんなで戦い、勝つ。

監督「試合に出ていない選手も何をすべきか考えてくれている」

 「『腐る人』を出したくない」。中田氏の思いを継ぐ岩坂はそう言っていた。メンバーにもその思いを伝えてきた。今シーズン、出場機会が減る中でもアップゾーンで試合展開を見ながら森谷史佳、今村優香、座安琴希らがタイムアウトやセット間に常にコート内のメンバーに声をかけている。

 「試合に出ていない選手も試合になったら一つになって、何をすべきか考えてくれている。そして途中から出れば筒井(さやか)、加藤(光)、中川(美柚)らも仕事をしてくれた」と酒井監督。

 「自分のスパイクの調子が上がらないときに、『このコースが空いている』『ブロッカーのつき方は』など後輩が声をかけてくれて助かった。試合に出られない悔しさもある中でチームに何ができるか考えてくれているし、スタッフや裏の仕事の方々も、チームが一つになって結果を残せている。個のチームで優勝なんかできない。レギュラーラウンド、ファイナル8も1位でここまで来られたのは『チーム力』」と石井。

 「チームが勝つことを最優先に考えて、何をすべきか自分の役割に徹してくれていた。(ゴールデンセットも)チームのみんなで勝てた」と新鍋も話した。

2/3ページ

最終更新:4/26(金) 8:17
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事