ここから本文です

クロースがレアル・マドリー退団を否定、報道に不快感示す

4/14(日) 7:58配信

SPORT.es

トニ・クロースは来シーズン、レアル・マドリーでプレーしないという噂が飛び交っており、『As』紙も今夏の市場で移籍すると報じていた。しかし、そのような噂や報道に対してクロースは自身のTwitterでマドリーからの退団を否定するツイートを投稿した。

ジダンの構想外のクロースが退団を熟考、行き先は独や英国か

クロースはそのメッセージに『As』紙の記事を添え、「報道は完全にフェイクだ」と記した。メッセージの最後に赤の感嘆符“!!”を3つも付けている事から、クロースがそのニュースを不快に感じていたと考える事ができる。

同紙はクロースが2014年に加入したマドリーでのサイクルは果たしたと考えているため、今夏の市場で空気を変える意向を持っていると報じていた。

そのツイートから推測できるのはクロースがレアル・マドリー以外のシャツに袖を通す意向を持っていないという事である。

とはいえ、この疑問を完全に取り除くにはシーズン終了まで待つ必要があるだろう。トニ・クロースは2022年6月30日までレアル・マドリーとの契約を残している。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:4/14(日) 7:58
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事