ここから本文です

法事のお布施がチョコレート? お坊さん業界の興味深いモメごと

4/14(日) 19:00配信

テレ東プラス

さらに「地域や宗派によって異なる」という前置きの元、千代川氏のお寺では、通夜、葬儀、御戒名をつけて「20万円~50万円」と金額を提示しているとのこと。

すると、天台宗の露の団姫氏は「これがすごいモメていて、私は、お布施の定額は反対派。戒名や法名は商品ではない。お布施はサービスに対する対価ではないので、定額化してしまうのは仏事の意味がない」と反論します。
地域や宗派によって考えも異なるようですが、「お布施が相場より多いことは少ない」という意見には、皆さん「うんうん」と大きく頷き、宗派を超えて意見は一致していました(笑)。

法要が終わった後、このようなモメごとが起きないように、お布施の相場は事前に相談しておきましょう!

永代供養を永遠供養と勘違いしている人も多く「これもモメごとの1つ」と語る露の団姫氏。永代供養にも期限があり、だいたい30~50年だとか。契約書にも書いてあるのに、意外と知らない人が多いとのことなので、気になる方は契約書をご確認ください。

「永代供養が終了した後、更新の手続きをしなかったお墓やご遺骨はどこに処分されるのか?」と素朴な疑問をぶつけるバカリズム。

お寺にはご遺骨を土に返す場所があり、粉砕機を使ってお骨をパウダー状にし、土に返すそう。1人分のお骨を3回に分けて粉砕するので、見ず知らずの人とまとめて粉砕されることはないようです。さらに番組は、「坊主丸儲けって本当?」と禁断の質問をお坊さんにぶつけます。

千代川氏は「儲かっている方はいらっしゃるけど、儲かってない方のほうが多い!」と力説。これには、お坊さん全員激しく同意(笑)。とはいえ、普段は高級外車に乗っているのに、法事の時だけ軽自動車に乗っているようなお坊さんもいるそうで、それが「“お金持ち“と妬まれる原因なのでは?」と千代川氏は分析します。

お坊さんたちの赤裸々な暴露によって、葬儀や法要に関する“お気持ち“問題も解決したのではないでしょうか。「坊主はそんなに儲けていない!」と分かったら、今後は“お気持ち“も少しは多く包めるかもしれません。

※「業界調査バラエティー!こんな事でモメてます」より

テレ東プラス

2/2ページ

最終更新:4/15(月) 9:33
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事