ここから本文です

米軍、所沢通信基地へ土砂搬入 横田基地からの作業を開始 市が要請の土壌汚染調査、国は行わない考え

4/14(日) 7:48配信

埼玉新聞

 埼玉県所沢市の米軍所沢通信基地に米軍横田基地(東京都福生市など)から土砂の搬入が計画されていた問題で、米軍は12日、土砂の搬入作業を開始した。市によると、計画では1年間にわたり約3万7千立方メートルの土砂の搬入を予定。

 防衛省北関東防衛局からの報告では横田基地外周道路工事で出た土砂が搬入された。米軍は搬入ゲートの設置工事を先月19日に着工し、搬入に向けた準備を進めていた。

 計画を巡っては、土砂の汚染有無が証明できないとして、市は国に汚染調査を要請。国は今月8日、「米側の土壌汚染調査で、特定有害物質は基準値内と確認している」と回答し、調査は行わない考えを示していた。

最終更新:4/14(日) 7:48
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事