ここから本文です

少しの投資で自宅の価値をアップ! 家の改造プロジェクト

4/14(日) 20:40配信

ELLE ONLINE

毎日のように新しいインテリアトレンドが次から次へと出てくると、いつにも増して自宅をアップデートしたい気持ちがムクムクと湧いてくるもの。ところが、たとえDIYで改造をしようとしても、タダではできないのが現実。そこで、インテリアデザイナーたちに、投資に値する改造プロジェクトについてアドバイスを求めた。住み続ける場合だけでなく、家を売りに出す際にも少しの投資で家の価値をアップさせることができるかも。

【写真】81平米の古い邸宅をリノベ。北欧のスタイリストのセンスあふれるミックススタイル

キッチンを改装する

メンデルソングループのギデオン・メンデルソンさんは、「キッチンは住宅の心臓部であり、家族が集まるところでもあります。キッチンが古めかしかったり、時代遅れだったり、または機能しない箇所があったりしたら、すぐに見直すべき」と指摘する。調理設備、汚れ防止パネル、カウンタートップなどを最新モデルのものに変えれば、一瞬にしてキッチンの見た目を向上することができる。

ムード照明を設置する

デザイナーのリー・メドウズ=マカルピンさんは、「照明が適切であれば、すべてのものがたちまち見違えて見えます」とアドバイスする。「すべての部屋に減光スイッチを設置し、必ず各部屋に環境光、アクセントライト、作業照明を取り入れ、『光の層』を生み出しましょう」。また、彼女は据え付けの備品のデザインや仕上げも、ときに部屋全体を野暮ったく見せてしまう可能性があると指摘する。

建築的なディテールに投資する

「木工製品やトリムは家の『完成度』を高め、住空間が丁寧に計算しつくされて設計されたような印象を買い手に与えます」と、メンデルソンさんは言う。すでに優れた作りの部屋の壁の上部には、チェリー材などのクラウンモールディングを取り入れることをおすすめする。

クローゼットスペースを拡張する

この案は比較的低予算でできるものの、自宅を売りに出す際には大きなセールスポイントになることが多いそう。メドウズ=マカルピンさんによると、「毎日、きちんと整頓された状態で一日をスタートできるスペースを作ることによって、買い手は日常的なルーティーンを思い描くことができるのです」とのこと。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 20:40
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事