ここから本文です

海岸に打ち上げられた大量の「ガーフィールド電話」の謎、ついに解ける

4/14(日) 19:11配信

ギズモード・ジャパン

気持ち悪い謎がやっと解けてよかったです。

35年間、フランスのある海岸の町は「ガーフィールド電話」の謎にずっと取り憑かれてきました。1980年代からフランスのブルターニュの海岸には、アメリカの漫画「ガーフィールド」の電話が打ち上げられ続けているのです。去年だけで200個も流されてきたそうです。

【記事の動画】海岸に打ち上げられた大量の「ガーフィールド電話」の謎、ついに解ける

数十年前、漫画のキャラクターをモチーフにした電話が大流行。ガーフィールドも人気電話のひとつでした。普段は寝ているのですが、電話が鳴って受話器を取ると目を開き、受話器を置くとまた目を閉じるというもの。皮肉にも、こういった電話を収集しているコレクターはたくさんいるのに、この海岸沿いの住民たちにとっては探さなくてもいやと言うほどガーフィールド電話だらけ。これに目をつけたゴミ捨て防止グループが海岸汚染の象徴としてガーフィールド電話をキャンペーンに使い始めたり。

そしてこのキャンペーンが広く報じられることとなり、ある地元農家の人がガーフィールド電話の謎を知っていると名乗り出たのです。

France Infoによると、1980年代、地元農家のRene Morvanさんが19~20歳だった頃の話。嵐がきた後、Reneさんは兄弟たちと干潮のときだけ入れる近くの洞窟に探検に出かけたそう。そして電話がいっぱい入ったコンテナを発見。でもその後30年以上もその洞窟には行ってなかったそう。そして今回、Reneさんがジャーナリストたちを連れてその洞窟に行ってみると、岩山に埋もれた輸送コンテナの一部が見つかり、洞窟内の石の間から粉々になったガーフィールド電話がたくさん見つかりました。

ボランティアたちが「これでやっと謎が解けました。宝物を見つけた気分です」と話しているそうです。

Source: France Info 、BBC

岩田リョウコ

最終更新:4/14(日) 19:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事