ここから本文です

犯罪被害の相談しやすく…犯罪被害者支援センター、電話一本化 女性8人体制で対応「一人で悩まず相談を」

4/14(日) 10:30配信

埼玉新聞

 犯罪被害者が相談しやすい体制を整えようと、埼玉県警、埼玉県、民間団体でつくる「彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター」は22日から、総合対応電話(電話048・862・0001)を新設する。

 窓口を一本化することで相談者の被害軽減と早期回復を図るのが狙い。これまでは3者ごとに電話窓口があり、受けた人が対応していた。従来の電話も使用可能だという。

 受付は平日の午前8時半~午後5時15分。埼玉犯罪被害者援助センターの担当者らが女性8人体制で対応する。相談者に対しては相談内容を検討した上で、警察の事情聴取や病院への同行、公費負担制度の紹介など、さまざまな援助や助言を行う。

 県警犯罪被害者支援室は「窓口を一本化して分かりやすくしたので、犯罪被害に遭ってしまったら一人で悩むことなく、ためらわず気軽に相談してほしい」としている。

最終更新:4/14(日) 10:30
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事