ここから本文です

山路徹「迷惑動画投稿は昔の暴走族と一緒だ」

4/14(日) 7:30配信

ニッポン放送

ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(4月9日放送)にジャーナリストの山路徹が出演し、迷惑動画に関するニュースについて解説した。

渋谷駅前のスクランブル交差点で、人が横たわったベッドを交差点の中央部まで運んで放置するという内容の動画が、3月末に「YouTube」へ投稿されていたことが分かり、警視庁が道路交通法違反容疑で調べているニュースを取り上げた。

番組パーソナリティの垣花正アナウンサーは、「迷惑かどうかギリギリを攻めると再生回数が上がる。やはり再生回数でお金がもらえるというシステムがよくないと思う」と述べると、山路氏は「それもあると思うんですが」と賛同した上で、「若者たちの承認欲求が一番大きいと思う」と指摘した。

「昔は暴走族がそうだった。集団で交通違反をして、一般の車両にエンジンをふかしながら『オレたちこんな事やってるぜ?』とアピールした。今は免許を取る人も少なくなったし、スマートフォンで承認欲求が満たされる時代。アルバイトのいたずら動画もその要素が非常に強いと思う」

と、かつて暴走族に入り迷惑行為をすることで承認欲求を満たしていた若者たちが、今ではインターネットなどに迷惑動画を投稿することで、承認欲求を満たしているのではないかと考えを述べた。

また、山路はイギリス政府が、8日にインターネット上で広がる有害な情報の規制の導入に向け「白書」を発表したことを挙げ、「今後、日本もそうするべきだと思う」と語った。

ニッポン放送

最終更新:4/14(日) 7:30
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ