ここから本文です

ロックンローラー内田裕也が手がけた日本映画たち

4/14(日) 8:02配信

ニッポン放送

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

2019年3月17日、79歳で死去した内田裕也。日本のロックンローラーの草分け的存在で、映画俳優としても個性あふれる存在感で観客を魅了して来ました。妻・樹木希林の死からわずか半年での“お別れ”には、誰もが驚いたことでしょう。

そこで今回は、内田裕也の映画俳優・製作者としての魅力が堪能できる4作品をセレクトしました。

映画界においても“仕掛け人”だった! 内田裕也が放った名作、問題作。

俳優としてはもちろん、フィルムメーカーとしてもその才能を発揮していた内田裕也。なかでも、『十階のモスキート』は名作中の名作です。

妻に離婚され、サラ金に手を出した現職警察官がカネの返済に困り、ついには郵便局強盗を企てるまでを描いた本作は、『水のないプール』につづく内田裕也企画の実録犯罪映画。脚本は、これが映画監督デビュー作となった崔洋一監督と内田裕也が共同執筆しています。

先日行われたお別れ会「内田裕也Rock’n Roll葬」で弔辞を述べた崔洋一監督が、本作の誕生秘話を明かしたところによると、1982年に「頭にきたから映画を作ろうよ。俺は新しい人と組みたいんだ」と、内田から直々に映画制作のオファーを受けたとのこと。「電話の受話器から裕也さんがガンガンと飛び出して来た」と当時を振り返った崔監督の言葉どおり、ロック魂あふれる傑作です。特に、真面目に生きる警察官が徐々に狂って行く過程を迫真の演技で魅せる内田裕也は必見!

内田裕也演じるテレビの人気突撃レポーターの奮闘を通じて、ワイドショーに踊らされる大衆を皮肉った快作『コミック雑誌なんかいらない!』。本作で内田裕也は、「キネマ旬報賞」主演男優賞、「報知映画賞」主演男優賞、「毎日映画コンクール」では共同脚本の高木功とともに脚本賞も受賞。カンヌ国際映画祭監督週間にも出品され、海外でも評判となりました。

ロス疑惑、日航機墜落、豊田商事事件など実際に起こった事件を取り入れたり、当時、世間をお騒がせしていた芸能人や事件の主役が実名で本人が出演するなど、現実と虚実が入り乱れた問題作で、これまで反社会的な映画を企画・主演して来た内田裕也の面目躍如とも呼べる作品です。

1/2ページ

最終更新:4/14(日) 8:02
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事