ここから本文です

レオ源田、死球で連続フルイニング出場ストップ

4/14(日) 15:11配信

読売新聞

 西武の源田が14日のオリックス戦で先発メンバーから外れ、新人だった2017年から続けてきた連続試合フルイニング出場が299試合で止まった。

 2017年から2年連続でフルイニング出場し、今季も13日まで全試合に出場していた。13日のオリックス戦で右手首に死球を受け、14日に都内の病院で右手関節挫傷と診断された。2リーグ制以降の新人で、開幕からの連続記録は長嶋茂雄(巨)の220試合を超えて歴代1位だった。

最終更新:4/20(土) 0:15
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事