ここから本文です

金栗記念選抜、1500mは松枝博輝が制す

4/14(日) 21:43配信

読売新聞

 陸上・金栗記念選抜中長距離大会(14日・熊本県民総合運動公園)――日本グランプリシリーズが始まり、男子1500メートルは松枝博輝(富士通)が3分44秒46で制した。男子5000メートルは坂東悠汰(同)が13分32秒59で日本人トップの4位。男子マラソン前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は9位だった。女子5000メートルは木村友香(資生堂)が15分48秒27で日本人1位の3位に入った。

最終更新:4/18(木) 0:17
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事