ここから本文です

後半23失点の琉球ゴールデンキングス、敵地で大阪エヴェッサを撃破

4/14(日) 17:40配信

バスケットボールキング

 4月14日、各地でB1リーグ第35節第2戦が行われ、第1戦に敗れた琉球ゴールデンキングスが大阪エヴェッサとの第2戦に臨んだ。

 第1クォーターは互角の展開が繰り広げられるも、ジェフ・エアーズの活躍で20-18とした。続く第2クォーターも18-18と拮抗。2点リードでハーフタイムへ。
 
 第3クォーター、琉球は激しいディフェンスから流れをつかみ12失点にどどまる。攻めては計19点を記録した。57-48で迎えた第4クォーターでも堅守を発揮し、最終スコア76-59で試合終了。後半をわずか23失点にとどめた琉球が、第1戦のリベンジに成功した。

【試合結果】
大阪エヴェッサ 76-59 琉球ゴールデンキングス(@おおきにアリーナ舞洲)
大阪|18|18|12|11|=59
琉球|20|18|19|19|=76

BASKETBALL KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事