ここから本文です

阪神、西の投打の活躍で連敗ストップ 7回2失点で2連勝&プロ初打点!

4/14(日) 17:10配信

ベースボールキング

○ 阪神 5 - 2 中日 ●
<3回戦・甲子園>

 阪神の連敗は4でストップ。先発の西が7回2失点で2勝目(1敗)、打ってもプロ初打点となる痛烈な2点適時打を放った。

 西は小雨が降り続く悪天候の中、立ち上がりから走者を背負う苦しい投球。2回に8番・加藤に中前適時打を浴び、中日に先制を許した。それでも粘りの投球を展開し序盤は最少失点。すると打線が右腕を援護した。

 阪神は1点を追う4回、5番・福留の右前適時打で同点に追いつくと、なおも一死一、二塁から、7番・梅野の中前適時打で逆転した。さらに、8番・木浪の右前適時打で3点目。そして一死二、三塁で9番・西が打席に入り、プロ初打点となる2点適時打を左翼線へ運んだ。阪神は打線がつながり、4回だけで4本の適時打を含む6安打を集中。一挙5得点のビッグイニングとした。

 マウンドに戻った西は、雨脚が強まった中盤以降も我慢の投球。7回に2点目を失ったが、7回89球、8安打2四死球2失点と粘った。8回以降はジョンソン、ドリスの継投。最後を締めたドリスは3セーブ目を手にした。

 中日の連勝は3でストップ。再び貯金がなくなり勝率5割へ逆戻りとなった。先発の吉見は4回途中7安打5失点で初黒星。西とは対照的にピンチで粘れなかった。

BASEBALL KING

最終更新:4/14(日) 18:25
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事