ここから本文です

【MLB】「オレはスピードだ」イチロー愛弟子の“神走塁”動画にファン興奮「これは合法?」

4/14(日) 8:27配信

Full-Count

マリナーズのディー・ゴードンが暴投で二塁から一気に本塁生還

■アストロズ 10-6 マリナーズ(13日・シアトル)

 マリナーズのディー・ゴードン内野手が12日(日本時間13日)の本拠地のアストロズ戦で驚異的な走力を見せた。

【動画】「これは合法?」…イチロー“愛弟子”ゴードンが魅せた“神走塁”

 7回先頭で右前打で出塁し、続くマレックス・スミスの打席で今季8個目盗塁となるの二盗をマーク。続く4球目。ピーコックが投じた高めに浮いた直球にスミスは空振り三振に倒れたが、その投球は暴投となった。ボールがバックネットまで点々。球を見失った捕手の処理が遅れる間に、ゴードンは三塁ベースを勢いよく蹴って一気に本塁へ滑り込んだ。

 この“神走塁”は勝利に結びつかなかったものの、MLB公式インスタグラムは「ディー・ゴードンが二塁から得点」とコメントを付けて、この走塁を動画で紹介。ファンからは「“俺はスピードだ”――ゴードン」、「なんてこった、これは合法?」、「これは素晴らしい」、「こういうとき投手は捕手を助けなきゃ」と称賛のコメントが並んでいた。

 3月21日に現役引退を表明したイチローを師と仰ぎ、同28日付の地元紙「シアトル・タイムズ」で感謝の気持ちを伝える全面広告を掲載したゴードン。暴投で一気に本塁を陥れる好走塁は師匠も、目を細める好走塁だったにに違いない。

Full-Count編集部

最終更新:4/14(日) 8:27
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事