ここから本文です

「シャルル、お前はバカだ!」ルクレール、僅差でベッテルに敗れ、ミスした自分を叱責:フェラーリ F1中国GP土曜

4/14(日) 9:44配信

オートスポーツweb

 2019年F1中国GPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4番手だった。Q3のアタックラップでミスをしたというルクレールは、クールダウンラップで無線で「シャルル、何してる! お前はバカだ!」と放送禁止用語を使いながら自分を罵った。チームメイトのセバスチャン・ベッテルは3番手で、タイム差はわずか0.017秒だった。

【関連写真】2019年F1第3戦中国GP ルクレールのチームメイトのベッテルは予選3番手だった

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 予選=4番手
 今日は自分自身に腹が立った。最後のラップでミスをした。絶対にミスをすべきでないラップだったのに。

 全体的にはポジティブな点もあったと思う。3回のプラクティスセッションを通してセットアップに苦労し、マシンやドライビングに対する自信も欠如していた。でも予選前にいくつかの変更を施したところ、状況が改善され、期待していたラップタイムが出せるようになったんだ。その点は良かったが、今日マシンのポテンシャルすべてを引き出すことができなかったことには失望している。

 ライバルたちは今週末最初のセッションからコンペティティブだったから、予選でも速いだろうことは分かっていた。明日のレースは最初に思っていたよりも難しいものになりそうだ。昨日は(トラブルで)ロングランができず、今朝も赤旗が出たためにできなかったから、決勝のことは予想がつかない。タフなレースになるだろうが、可能な限りプッシュしていく。ライバルはかなり強力だろうけどね。



[オートスポーツweb ]

最終更新:4/14(日) 9:45
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事