ここから本文です

ダノンキングリーはタイム差なし悔しい3着/皐月賞

4/14(日) 17:54配信

日刊スポーツ

<皐月賞>◇14日=中山◇G1◇芝2000メートル◇3歳◇出走18頭◇5着までにダービー優先出走権

共同通信杯覇者で3戦無敗で挑んだ3番人気ダノンキングリー(牡、萩原)は最内から上位2頭に迫ったが、わずかに及ばなかった。3着だが、着差はわずかに頭+鼻のタイム差なし。

昨年のエポカドーロに続き皐月賞連覇を狙った戸崎騎手は「調子は良かった。一生懸命になりすぎるところがありました。最後まで食らい付いて追い付いたんですが…」と悔しそうに振り返った。

最終更新:4/15(月) 5:04
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事