ここから本文です

首位浮上逃す…柏は猛攻実らずドロー、栃木は守護神にアクシデントも無失点で耐える

4/14(日) 17:12配信

ゲキサカ

[4.14 J2第9節 柏0-0栃木 三協F柏]

 J2第9節が14日に行われ、暫定5位の柏レイソルはホームで同17位の栃木SCと0-0で引き分けた。柏は2試合連続のドローで3戦無敗(1勝2分)となったが、首位浮上はならず。今節首位に立った水戸と勝ち点2差の4位となっている。一方、栃木は守勢の展開の中で守り抜き、連敗を2で止めた。

 柏は前節からスタメン変更はなし。対する栃木は先発1人を変更し、DF久富良輔に代わってDF森下怜哉が最終ラインに入った。

 勝てば首位浮上のチャンスもあった柏は開始から相手を圧倒。だが、ゴールに迫り続けながらも決め切れない時間が続く。

 懸命に守る栃木は終盤にアクシデント。好セーブを見せていたGKユ・ヒョンが後半31分に足をつって座り込んでしまう。立ち上がってプレーを再開させたものの、同37分に柏の途中出場MF菊池大介の強烈なシュートに反応した直後、またしても足をつって倒れ込んだ。

 栃木は後半40分にユ・ヒョンに代え、J2初出場となるGK川田修平を投入する。柏は同アディショナルタイム2分、PA内右のFWクリスティアーノが豪快なシュートでゴールを襲うが、川田がファインセーブで得点を許さず。柏は最後まで1点が遠く、0-0のまま終了のホイッスルが鳴った。

最終更新:4/14(日) 17:16
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事