ここから本文です

栃木・那須の「堂の下の岩観音」でエドヒガンが見頃

4/16(火) 7:55配信

産経新聞

 那須町芦野の町指定記念物(名勝)「堂の下の岩観音」で樹齢約350年の桜、エドヒガンが見頃を迎えた。午後6~9時にはライトアップされ、淡いピンク色の花が闇に浮かび、水田には水鏡に映し出された桜が春の風情を醸し出している。

 桜に包まれ岸壁の中腹には約400年前、村の鎮守として建てられたという観音堂があり、その後、村人によって桜が植えられた。地元住民で作る岩観音護持会によると、例年より7日ほど早い開花。ヨシノザクラも咲き始め、ヤマザクラやオオシマザクラがこの後に続く。14日、本尊ご開帳もあり、大勢の参拝客でにぎわたった。

最終更新:4/16(火) 22:37
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事