ここから本文です

「コンフィデンスマンJP」小手伸也、連ドラ初主演!五十嵐主役のスピンオフ、5夜連続放送

4/15(月) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画公開を記念し、スピンオフドラマが5月13~17日に5夜連続放送されることが決定した。小手伸也扮する神出鬼没の人気キャラ・五十嵐を主役に据えた、その名も「コンフィデンスマンIG」。小手は連続ドラマ初主演となる。五十嵐がコンゲームのための道具や衣装などを地味にそろえる姿や、ダー子(長澤まさみ)に募らせる一方的な恋心などを描き出す。

【フォトギャラリー】そのほかの画像

 映画「キサラギ」やドラマ「リーガル・ハイ」などで知られる古沢良太氏が脚本を担当した月9ドラマ。天才的な知能を持つがどこか抜けているダー子(長澤)、お人好しのボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のベテラン・リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師たちが、予測不能なコンゲーム(ゲームのように二転三転する物語のこと)を繰り広げるさまを、ハイテンションかつ緻密なトリックで描き好評を博した。

 なかでも一躍人気となったのが、ダー子たちを献身的かつひょうひょうと支えてきた五十嵐だ。演じる小手はトップ俳優の仲間入りを果たし、現在のその多忙ぶりから“シンデレラおじさん”と称されている。1話約10分間のスピンオフ「コンフィデンスマンIG」では、五十嵐、ちょび髭(瀧川英次)、舎弟(小野塚勇人)の3人の活動を通じ、これまで描かれてこなかったコンフィデンスマンの世界の“裏側”に迫っていく。

 小手は「全国1億2千万の『五十嵐』親衛隊の諸君(誇大妄想)、君たちの応援のおかげで遂に俺のスピンオフが実現した! その名も『コンフィデンスマンIG』! もちろん「IGARASHI」の略、主役はこの俺さ」と高らかに宣言。「仲間も来てくれたぜ。ちょび髭(瀧川さんとまさかの舎弟(小野塚くん)だ。何故舎弟が2話以降登場できなかったのか? 何故五十嵐が1話に登場しなかったのか? ドラマ本編を見直したくなる仕掛けも満載だ」としながらも、「まあ、ぶっちゃけ映画の宣伝で実現した企画なんで、映画も宜しくお願いします。成果が認められれば『IG』もまだまだ続くんでね。ぜひ見てくれ!」と控えめにアピールしている。

 なお映画版「コンフィデンスマンJP」は、5月17日から全国で公開。

最終更新:4/15(月) 12:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事