ここから本文です

【マクラーレン】ランド・ノリス「トロロッソ・ホンダに当てられてレースが台無しになった」

4/15(月) 15:59配信

TopNews

記念すべき1000回目のF1レースとなったF1第3戦中国GPが4月14日(日)、上海国際サーキットで行われ、ランド・ノリス(マクラーレン)が次のように振り返った。

●【ハイライト動画】1000回目のレースとなったF1中国GP フェルスタッペンとベッテルの激しいバトルも

■ランド・ノリス(マクラーレン)
スターティンググリッド:15番手
決勝レース:18位
ファステストラップ:1:38.346(37周目、+3.604秒、FL15番目)

「スタートはかなり良かったんだ。キミ(ライコネン)の近くにいたときにターン3で後退しなければならなくなるまではうまくいってたんだ。

僕はターン6で外側にいたんだけど、横から(トロロッソ・ホンダのダニール・クビアト)ヒットされて宙に浮いたんだ。それでクルマはダメージを負ってしまい、かなりポジションを失い、ピットインしなければならなかった。レースをかなり台無しにしたよ」

「フロアのダメージのせいで、その後は良いペースで走れなかったんだけど、カルロス(サインツ)のペースはとても良かったね。トップ3チームはさておき、カルロスは他の誰よりも優れているように見えたよ。今日のクルマには潜在的な可能性があったけど、接触がレースを台無しにしてしまった。次に気持ちを切り替えるよ」

最終更新:4/15(月) 15:59
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事