ここから本文です

マスターズで“9番フィニッシュ” ローアマ逃した金谷拓実、次戦は中日クラウンズ

4/15(月) 12:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<マスターズ 最終日◇14日◇オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

パトロン大熱狂! タイガーのガッツポーズがさく裂【最終日フォトギャラリー】

嵐予報のため、スタート時間を早めて、2サムを3サムに変更。さらに、通常は全組1番スタートのところ、1番と10番のスタートに変更された最終日。10番からスタートしたアマチュアの金谷拓実はは、スコアを6つ落としトータル5オーバー・58位タイで初の「マスターズ」を終えた。

異例の10番スタート。出だしから2連続ボギーとして、迎えた16番パー3。同組のブライソン・デシャンボー(米国)がホールインワン達成。次に控えていた金谷は興奮したデシャンボーに抱きつかれ、「後ろにいたから抱きつかれました」と苦笑いを見せたが、このホールでもボギーと幸運の女神は金谷には微笑まなかった。

ようやく運気が向いたのは最終の9番。セカンドをピンそばにつけると、バーディ締め。ホールアウト後は笑顔も浮かべたが、結局この日は「78」。目標としていたローアマも逃し、悔しい結果になったのはいうまでもない。「スコアをもっとよくしていくことを考えたい」と、すべての精度をあげて結果を出すことが、次の目標だ。

この日は前日まで決まっていたパッティングがカップに嫌われた。「グリーンがちょっと乾いていたから、タッチがうまく合わせられなかったと思います」と、対応力も今後の課題。4日間通してのフェアウェイキープ率は堂々1位。「飛ばないから(笑)」と笑うが、この正確性をベースにレベルアップを図れば、まだまだ伸びしろは十分だ。

将来、米ツアー参戦を見据える20歳。「もっと視野を広げていきたい」と、ツアーを戦う上で足りないものを確認できたのは大きな収穫だ。「次の全英オープンでしっかり自分のプレーをして。今度はもっと上位で戦えるようにプレーしたい」とした金谷。次戦は国内ツアーの「中日クラウンズ」を予定している。まずは国内でしっかり足場を固め、再びメジャーに挑む。(文・高桑均)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/15(月) 12:00
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事