ここから本文です

宇野昌磨、来季フリーで4回転5本組み込む!

4/15(月) 8:30配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(14日、マリンメッセ福岡)

 エキシビションが行われ、平昌五輪男子銀メダリストの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は来季フリーで4回転を5本組み込んだプログラムを目指すと明かした。

【写真】宇野&紀平のエキシを別アングルから

 たぎる思いをエキシビションでも示してみせた。宇野が今季SP曲で世界選手権まで使用した「天国への階段」で3回転半-4回転トーループに挑戦。今大会と同様に2つめのジャンプで転倒したが、「今後も絶対に入れる」と明言した高難度技への覚悟を、今季最終戦後の疲労の中で体現した。

 すでに5回転トーループへの挑戦を示唆しているが、攻めの姿勢に限りはない。この日は「ループかルッツのどちらかを来季までに形にして試合に組み込みたい」と4回転の種類を増やす意向を明かし、今大会で3種類4本だったフリーの4回転を「5本やりたい」と言及した。

 得意のフリップを2本、サルコー、3回転半につけるトーループに加え、アクセル以外では最高基礎点となるルッツか、以前入れたループを加えて4種類5本を目指す。昨季2戦で4回転5本に挑戦しているが、成功はできなかった。来季は大技だけでなくプログラムの完成度も高めていく。

最終更新:4/15(月) 8:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事