ここから本文です

【スターダム】岩谷麻優が前向き休養 今夏から大攻勢をかける

4/15(月) 16:39配信

東スポWeb

 女子プロレス「スターダム」のアイコン・岩谷麻優(26)が、今夏からの大攻勢をかける。

 14日の東京・新木場1stRING大会では既存ユニットを再編するドラフト会議が行われた。指名順をかけた5WAYマッチに「STARS」のリーダーとして出場するや、開始早々にロープに上った「大江戸隊」の花月(26)を突き落とした。

 オーバー・ザ・トップロープで勝ち抜き、1位の指名権利を獲得。ドラフトでは従来のメンバーを守りつつ、新たに飯田沙耶(21)を獲得して役割を全うすると「今日をもちまして、欠場させていただきます」とあいさつした。

 昨年末に左ヒザの内側側副靱帯を断裂。完治せずに出場し続けてきたため、治療に専念する。「手術をするわけではありません。筋肉をつけて補強します。だから療養っていうよりトレーニング。今は天気とか、気圧の変化でも痛いんで、その辺がクリアになれば復帰したい。頑張るための積極的な休養です」と説明し、夏の復帰を目指すという。

 一方で、じくじたる思いもある。6日(日本時間7日)には新日本プロレスと米ROHが合同開催したマジソンスクエア・ガーデン大会に出場。ケリー・クレインに敗れWOH世界王座から陥落したものの、一躍「IWATANI」の名が世界に広まった矢先だったからだ。また同大会では所属選手たちがユニットの垣根を越えて声援を送ってくれたそうで「スターダムを盛り上げたい気持ちが、さらに強くなりました」と団体をけん引する意識が高まった。

 復帰後の目標を「赤(ワールド王座)と白(ワンダー王座)の2冠王を目指します。そして、もっと世界に私の名をとどろかせたい!」。しばしの充電を経て、さらなる高みを目指す。

最終更新:4/15(月) 16:39
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事