ここから本文です

ヤクルト 青木けん引「打線が線になっている」2安打2打点

4/15(月) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ ヤクルト11―6巨人(2019年4月14日 東京D)

 ヤクルトの青木が2安打2打点で両リーグ10勝一番乗りに貢献した。「打線が線になっている。勝てる方向性が見つかればチーム力は上がる」。初回に畠の149キロ直球を捉えて右翼席上段へ3号ソロを運び「完璧だった」と自賛。3回は先頭打者としてセーフティーバントで三塁内野安打をマークし、5点の猛攻の起点となった。8―6の5回には左犠飛でリードを広げ、主導権を渡さなかった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事